FC2ブログ

人の良いところを貪欲に吸収する☆

 25, 2016 03:54




 会員制のSMクラブの事務所で、プレイに行く合間にしている事は、やっぱりブログを
書いている事が多いかな?

大まかにアラを書いておいて、あとで家でまた書き足してアップする感じです。

大体は、プレイの文字起しをメインにしているので、
読んだ方に、どんなプレイをしているかをイメージして頂けたら嬉しいなと思います。


あと、プレイが終わるタイミングが一緒になったミストレスさんとご飯を食べながら、
色々な事を話したりしています。


プレイの事でも日常の事でも今チェックしている事でも「いいな!」と思った事は
見逃しません☆
頭の中にφ(・ェ・o)メモメモ。


会員制のSMクラブのミストレスさんは、皆、気が良くて面白い方ばかり。

星座に例えたら、5つの星から出来ているカシオペヤ座かな?

それぞれの方の個性を発揮しながら、良い影響を与え合ったりしていて、
私も与えていただいているのなあと、
帰り道、夜空を見上げながら、星の連なりになぞらえる様な感じで例えてみました。


そんな事を考えながら、

先輩ミストレス(まどか)女王様が、この間お話していた時の事を、日記に書いてくれたの
を読んで、
コール&レスポンスしたい☆(私が勝手に)と思い、同じ題材で書いてみたいなと
思いついて。


作家の角田光代さんと穂村弘さんの、「1つのテーマを違う目線や価値観から書いて
いた往復書簡みたいな感じのエッセイ」が凄く面白かったので、
そういうのをやってみたいという空想から、綴ってみたいと思います。



【先輩ミストレスさんの日記から】

「女性って突拍子も無い理由で感情的になったりするじゃないですか?
あれがどうやら多くの女性には自然に受け入れられるものらしいと急に思いまして。」



あるある!
えっ、だけど、「多くの女性には自然に受け入れられるもの」なの?!

私も思い当たるようなエピソードが1つあった。

昔、高校を卒業してから久しぶりに会った友達とお茶を飲みながらケーキか何かを
食べていた時に、
「○○ちゃん(うちの実家に居た犬)は、元気にしている?」と聞かれたので、

「うん、元気だよ!今、丁度、暑くなってきて毛が抜ける時期だから、毛が舞い散って
大変だけれど。」と、話したら、

突然、
「え!!毛の話なんてしないでよ。お茶している時に!」と突然語気が荒くなって怒り
出して。

その友達は、家に来た時に、犬と遊んでくれたり、さわさわナデナデしてくれたりして、
とても可愛がってくれていたから、びっくりして。

散歩している犬を見かけると、可愛がったりとかしていて犬好きだったハズだったハズだよ
なあ。。と思って、

ちょっと一呼吸おいてから、
「犬の毛が抜け替わる話ってタブーだった?」と訊いてみると、
「だって・・ 犬の毛だよ!」と返ってきたので、

彼女にとって、犬の毛というのは、タブーで地雷だったんだなとその時知って。
犬そのものは好きだったとしても、犬の毛とかの話はイヤなんだなと。

その人にとってのタブーや地雷的な物を予め把握していれば、
言うことを避けるけれど、
エスパーじゃないから、わからないって。

だから、
「そうなのね、分かった、今度から言わないね。」と言って収めておくのが、
とりあえず、マストかなあと思う。


人からの同じ様な話で、
職場の人達と話していて、「ペーパータオルって便利だよね。」と言ったら、
「ペーパータオルゥ〜〜〜〜ッ!!」と突然、話を聞いていた女性の同僚が怒り出して、
エコロジーの話から延々と話をキレ気味に話されてびっくりしてしまったという
エピソードも聞いた事があった。

何も感情的にならないで、やんわりと話して伝えればいいのになあと思う。
価値観の相違に、頭にきて、いきなり相手にぶつけても、突然の事に面食らうのでは
ないかな。

怒りのパワーの場に遭遇したら、怒りが完全に放電しきるのを待って、
ワキにそっと置くイメージで対処するのはどうだろうか。。

沢山の人が行き交う街とかでは、色々な事が起きるし、いきなり怒りをぶつけられる事も
あるかもしれない。

「相手と同じレベルになって、自分も感情的にならない方がいい。」と、
誰かが言っていたけれど、冷静さとか客観性とかが、防御になるのかもしれない。





話は変わって、

「雰囲気が柔らかい」と先輩ミストレスさんが言ってくれたので、とても嬉しかった。

それも日記の冒頭に書いたような、良い影響を受けたいと思う友達を見習ったり、
良い所を吸収していたら、やわらかい感じになったのかなと思う。

10代の頃は割とトガった感じだった様な気がするけれど(字にすると「凸」って感じ)
考え方がだんだんと変わっていったら、
受け止めたいという気持ちになってきて(字にすると「凹」的な)、感じになったのかな。
まるくなったとか。

「行動は能動的でアクティブだけれど、人の気持ちを受け止められるような心持ちでい
たいな」というビジョンに向かって、努力している途中。。


雰囲気が柔らかいけれど、芯はしっかりしている。
どんな話をしても心で聞いてくれている様な感じで、あたたかい。
いつ会っても気持ちが安定しているから安心して会えて、
頭に来た話とかも笑い話に変えながらさらっと話したり、
自分の胸に納めたり、自己解決が出来たり、
何か起きても動揺しないで対応出来る。。

そういう人って本当に強い人なんだなと思う。

アグレッシブな強さとは違って、真の強さだと。

柔らかくて柔軟性があるけれど、自分を持っている。
母のような強さを持った人。
そういうのって母性なのかな。。
相手に対しての思いやりに溢れているっていう事だよね。


親友がまさにそういう女性で。

友達になって20年近くになるけれど、印象は変わらない。
彼女みたいな人に出会えて本当によかったなあと思う。


そういう女性がいいなと思っていると、まわりにそういう女性が増えて来て。

だから、私のまわりは心根がやさしい人ばかりで。

そして、個性的で、趣味の話も合って、スパークできるなんて。。最高です☆


インディーズのバンドをチェックする位の音楽好きだったり、
美術手帳を片手にギャラリーも廻ったりする現代美術オタクだったり、
単館系の映画もマメに観に行くシネマフリークだったり、
耽美的な物が大好きなサブカル文学少女だったり、
とか、

同じように、「マジョリティ」より「マイノリティ」な物の中に、
好きな物をみつけてしまう人、同じ話題で盛り上がれる人との出会いは、
小さな奇跡だなと思う。


「自分も相手も楽しく心地よく過ごせたらいいな。」と思いながら、
貪欲にエネルギッシュに楽しんでいきたいと思います♪
人生を。


イエィ☆



2016_0223.jpg


先輩ミストレス達と食べたカレー。「激辛部」を作りたい!





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

言われるがままの姿になって従う・・

 22, 2016 20:18



前の日記で、「心の引き合い」というタイトルで記事を書いていたら、

次にプレイに入って下さった方が、偶然また、心の故郷だと思っている場所
(かなりのピンポイントなところ)から来られた方で!
超びっくりです!


私が発信している「フェチのパワー」のビーム?!を手繰って来てくれたんじゃ
ないかなと、一瞬思ってしまいました。(笑)


どちらかというと、スピリチュアル的な物とか占い的な物とかは全般的に、
信じたりアテにしたりしない方なのですが。


人生は自分が作っていくもので、運命も自力で切り開いて行くものだと思って
いるので、パワフルに幸せや楽しみを掴んで行きたいです☆


人との出会いも、やりがいを感じたり、楽しいと思う事を目一杯楽しんでいれば、
感性や波長が合う人達に出会えて、楽しい人生になるなと思っています。


SMプレイを、楽しむ事が出来るのは、お相手があってだと思います。
だから、「来て頂いてどうもありがとう!」の気持ちを込めて、プレイをしています。




前述の先日プレイに来られた「日ノ出さん(仮名)」。

「キィ・・」っと、洗面所のドアからこちらを覗くように少しづつ開けて、
四つん這いで、
床に這うように出て来て。


日ノ出さんの方が先にプレイのモードに入っていたので、
それに合わせるように、
そのまま、部屋の中央に来て座るように促す。


這って出て来た姿の惨めな感じが更に際立つように、
首輪&鼻フックを嵌めた。

更に、その上から、太くて分厚い頑丈な首輪も嵌めてみて。


「家畜」と「人間家具」とどっちがいい?と、訊いたら、
「人間家具」がいいという事だったので、



2016_02_20_1.jpg



「ソファー」になりました。
女性の肉体で、圧迫されるのが好きなソファーなのだそう。


ソファーだから、上に座ったりとか、寝そべったりとかいろいろする・・

そのうち、
ニョキニョキッと何か「不思議な物体」が、突きだして来ましたが気にしない♪


たまに、ニョキニョキッ棒をつついたりすると、
呻き声みたいなのが聞こえたりする。



2016_02_20_2.jpg



そして、たまに、脚のストレッチをしてみたり。。



2016_02_20_3.jpg



あれれ、なんか、ソファーに熱がこもってきたような気が?
ヒーターがついていたっけ?


ソファー君は、
ソファーで居られなくなってきてしまったようなので、
人間にまた戻して、
首輪にリードをつないで、
お部屋の中をお散歩。


一緒に、窓の外を眺めたり(いたずらされながら)、


「ご褒美」をお願いする為に、

身体の両面に、赤い蝋燭のかなりの飛沫を受けた。


そして、
嬉しくて気持ちのいいご褒美をいただいて、


鞭を○○回打つねといいながら、
毎回、少し、オーバーしながら打っても耐えて、


気持ちのいいご褒美が、更にすごく気持ち良く感じて・・


また、辛い責めに耐えて、


ご褒美が最高に気持ち良くなっていく・・


繰り返して、また
繰り返す・・


ドミナ(女主人)に、言われるがまま・・








心の引き合い。

 17, 2016 19:05



 日本で一番SMクラブが多いのって、やっぱり東京なのかな?
一番じゃなかったとしても、多分、多い事には違いない。


出張などの機会で、東京に来るタイミングで、プレイに来てくださる方も
いらっしゃる。
東京の、沢山あるSMクラブの中から、ピンときて来て下さるっていうのは、
小さな奇跡で、とてもありがたい事だなと・・心から思う。


お店が醸し出している雰囲気とか、スタンスやコンセプト、
所属しているミストレスさん達のSM観とか趣向と、
M男さんが求めている物とが、
お互いに引き合っているのかもなんて思ったり。



先日、お会いした、姫上さん(仮名)も他県から、上京されたタイミングで
会いに来てくださった方で。


姫上さんが、「あるフェチ」に目覚めた、とても面白い切っ掛けを興味深く
うかがいながら、
「ああ~ 物凄く劇画にしたい!!春川ナミオタッチの画で!!!」と
うずうずしてしまった・・
小説にしたいくらい。


次にまた、お会いする時には、姫上さんの願望を、更に実現すべく、
ロケーションの下調べから、いろいろな準備を、入念にやっておきたいと
思うので楽しみにしていてください☆



プレイは、生ものなので、M男さんのその日のコンディションも伺って
趣向や願望と合わせて、何をしていくか大体の流れを頭の中に描いていく。



姫上さんの脳にビリビリくる様な刺激を与えつつ、言葉で責める・・



2016_02_17_02.jpg



苦手だとおっしゃっていた蝋燭も、足の甲に、羞恥の言葉を受けながらだったら、
こんな真っ赤になるくらいに、受ける事が出来て。


ひとしきり、脳にビリビリ来るような責めを、体と心と視覚に施したあと、
ラストに、姫上さんの好きなシュチュエーションでフェチを満喫出来る様に
持っていく。


呼吸する様に、自分のフェチを吸い込みながら、快楽の世界に満たされていく、
姫上さん。


自分が感じるがままの姿を相手に見せられて、見てもらいたいっていうの。。


とっても感激する。


自分の心と体を預けて委ねるってなかなか出来ないと思う。
だから、素のまま感じた姿を見せてくれるM男さんに敬意を持って
しっかり受け止めたいと思う。


あと、冒頭に書いた、
見えない趣向の糸の引き合い、縁を大切にして。


不思議だね、

こうして、幼少の頃に縁のあった、私が心の故郷だと思っている場所から来て
くれたりとか。


これからもSMが好きな気持ちや楽しさを私なりに伝えていこう。。



2016_02_17_01.jpg

 山ぶどうのワイン を、どうもありがとう! チーズと一緒に美味しく頂きます☆





鼻も支配。

 10, 2016 03:31




 どんな美形も、情けない表情に変えてしまう、マジカルなSMのアイテム、「ノーズフック」。


はじめての人は特に。。

ノーズフックをされて、被虐のスイッチが入ったっていうMさんは、多いかもしれません。


口は口枷で塞がれているのに、
鼻はノーズフックで無理矢理にこじ開けられるという、
アンビバレンツ☆

映画、「時計仕掛けのオレンジ」みたいに、眼もこじ開けてみたくなります♪


普段、鼻の穴を器具でこじ開けられるなんていうこと、
耳鼻科にでも行かないと体験できないかも?!


時に、顔面も、支配されちゃったりするんですね。
私の思いつきで。



 2016_0209_01.jpg



「鼻の穴、ちょっと裂けちゃうかもね?」

「スプリット・ノーズって、珍しいかもよ。」


なんて、言ってしまったりして。


プルプルと動揺している身体を見ると、
責め言葉にも油がのってきます。


「がんばります!」という言葉を、大義名分にして、
色々試してみるの☆


このノーズフックは、首に固定するタイプの物(ノーズフック&首輪のタイプ) だったのですが、
首元がちょっとキツそうだったので、


↓こうしました。



2016_0209_02.jpg



処理した縄の部分に、ノーズフックを、掛けて使って。

先々のことを考えて、作っておくと、役に立ったりするなと。


「ノーズフック」は、この後、東○ハンズさんで買って来たパーツで、
首回りを大幅に拡張したので、
次回、使う時は、「ノーズフック&首輪」として、更なる被虐感を与えてくれると思います♪


「鳴かぬなら、改造しよう! ホトトギス」
by 珠美鈴


なんのこっちゃ。(笑)



お後がよろしいようで。





「痛み」も「快感」に変えてみると・・

 05, 2016 04:36



「ハードなプレイが好きなので、ハードでお願いします!」と、中河さん(仮名)。


のっけから、「ハードなプレイ!」と来たので、色々試してきたM男さんなのかなと
思いきや、


今日で、SMプレイをするのが、5回目との事。


SMプレイをする楽しさを知ったので、これからももっと追求していきたいという
事だった。


前回の4回でどんな事をしてみて、どうだったかを訊いてみて、
何をやってみようかなと、考えてみる。


と・・考えてみていた時に、


「珠美鈴さんに、気に入ってもらえるようにがんばらなくちゃ・・」

照れてモジモジするようにつぶやきが。


おお、かわいいじゃないのー


素直で自然にしていてくれればそれでいいし、
「辛い時は辛い」、「気持ちいい時は 気持ちいい」って教えてくれればそれでいいよ、
と思う。


そして、フィーリングが合ったと感じてくれてそう言ってくれたのであれば、
私も、素直に、とっても嬉しい☆


「緊縛は前に経験して気持ち良かったです。」という事で、
口枷を咬んでから、
「手首バラバラ後手(と、私の中で呼んでいるのですが)」で、後ろ手に拘束。




2016_02_04_01_02.jpg




「手首バラバラ後手」っていうのは、昔、後ろ手で、両腕を重ねられる様に組めない
M男さんには、両手首をバラバラに縛ってする、後手の縛りを考えてみて。


男の人は、身体が女性に比べて硬めだから、後ろ手が組めなかったりする場合は、
この方法で縛っている。


辛くなった場合は、手首から先に、片手づつ開放できるのと、身体が凝り固まらない
のがメリットかなと思う。


特に、誰かから教わった訳ではなくて、自分で考えてみた後手なのだけれど、
前回のチェーンブロックの平織さんの時に、「すみれ後手っていうんですよ。(笑)」と
言ったら、「いいですね!」と言って下さった。


だけれど、こういった工夫は、緊縛をやっている人なら誰しもが思いつく事だと思うので、
私だけのオリジナリティとかは特に無いです、はい☆


は、おいて置いて、
余った縄は、その時の長さで、自分が解きやすい様に処理。
ベッドとかに寝かせたときに、背中の縄の厚みで痛くならない様、なるべくフラットに
なるようにしている。


まだ、縛りを受け始めたばかりの身体だから、しんどくなったらすぐ解放出来る様な感
じでいこうと思う。



正面をくるっと向いてもらって、
顎をクイッと持ち上げて、至近距離で目をみつめながら、
鈴付きの洗濯バサミを、見せながら、
乳首を、乳輪ごとひっぱって、深めに、バチッと挟んでみる。




2016_02_04_02.jpg




リードが付いている洗濯ばさみで、痛くて悶えると鈴が鳴る様になっている。


チリチリン・・


「動くと鈴がなって判るから、動かないように耐えるのよ。」と言う。


辛くなって来たようなので、快感をプラス。


電マを当てながらも、
「動かない様にね。」と念を押す。




2016_02_04_03.jpg




電マを使われるのは、初めてなんだって。

「はじめての電マ」の衝撃は凄いだろうね。
振動の衝撃にびっくりだよね。


なるべく鈴を鳴らさないようにと、動かないように・・耐えている姿が、
とても「いじらしい」感じで萌える。


痛いのと、気持ち良いの、

痛いだけだと辛いからね。

「気持ち良い方に集中してみて。」と、声を掛ける。


そうすると・・イタ気持ちいい・・不思議な感じになってくるでしょう?


電マの先に、透明な液体が、こぼれ落ちてきてる。



そして、今回から、導入したアレを取り出す。

目の前に出したら、

「それなんですか?」とちょっと怯えていた。


使ってみたら、被虐感があるみたいでスイッチが入ったみたい。
バッチリと功を奏してよかった☆


スイッチが入ったところで、

床に場所を移して、追い詰めながら、蝋燭。




2016_02_04_06.jpg




蝋燭は熱くて苦手だけれど、がんばりますって言ってくれたので、
様子を見ながら、さじ加減をして、
中河さんが、耐えられそうなキャパシティまでやってみて、


「まだ、耐えられる?」と訊いてから、
キャパシティを、少しづつオーバーする様にやってみる。


相手に身体と心を委ねて、とりあえずチャレンジしてみるのが、SMプレイの醍醐味だからね。
自分だけのオナニーでは出来ない事。


耐えられた。


「えらいね、よく頑張ったね。」


ベッドに場所を移して、お尻を素手で強く打つ。


私の手はデカくて厚めなので、スパンキングラケット並みの打撃力があるかもしれない。


「ああ、結構!ハードですね!!」と叫び声があがる。


「耐えられない?」


「だぃじょうぶで・・す・・ 耐えます!!」


「よし、いいね!」




2016_02_04_07.jpg




と、今度は、鞭で打つ。


じわじわと加虐していく。


「結構ハードですね、、」


「どう?耐えられる?」


「大丈夫です。。耐えます! 頑張ります!」


相手が気持ちよくなって感じてくれるなら、手段は選ばない、何でもする。


しっかりと、責めに耐えられたので、ご褒美はたっぷりと。。


耐えられた事や、頑張った事って、気持ちいい・・
という余韻に浸りながら。


「珠美鈴さんの奴隷になりたいです。」


いいよ。


いい奴隷君だよ。


いい耐えっぷりだった!


「よく頑張ったね。」と、ぎゅっと。







 YouTubeで「○○を弾いてみた」等を見たりすると、プロと同じ位上手い人が
居てびっくりしたり、
同人誌なんかを見たりするとプロと見紛うレベルの漫画を描く人を沢山見かけたりも。


ネットサーフィンをしていて、「え?!このクオリティなのに、本当に趣味でやって
いるの?!プロの仕事じゃないの?」と、色々なジャンルで思う事が多々あったり。


「玄人はだし」という言葉があるけれど、プロに匹敵するような才能、技術を持った
人は多く居ると思う。

緊縛にしても、凄く巧い緊縛をする人に遭遇する機会が増えたりして。


そうしたら、プロとアマと何が違うかと考えると、
仕事として依頼されて、その対価として、報酬を貰うのがプロというのはあるかと思う。


そしてもう1つ、責任を負っているっていうのがあるかなと。
SMクラブでのプレイは、その時間に対して責任を持ってやっていると思う。


プロは背負っている物への覚悟、責任を持っているという凄味、
反響や結果を考えたり、自分の周囲や背景にある組織の事も考えたり思ったりして
いるんじゃないかと。


する事に資格も試験もないSMの、プロとアマの違いを伝えるとしたら、
プロとアマの間には、そういう責任という溝があるかと思う。


そんな事を私なりに考えながら、コラムを書いて、
SMスキッパーさんのサイトの方に掲載していただきました。


今回で第四回目になります。


一回目から引き続きで、緊縛好きから ド・緊縛好き変態S女になるまでのサクセス
を綴っております。


http://www.sm-skipper.com/creation/sumire/20160129.htm


読んで頂けましたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします☆


skipper.gif



WHAT'S NEW?