FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを書くこと。

 02, 2016 18:19




 ブログを読んでからプレイに来て下さるという方が多いので、本当にありがたいな
と思います。

「読む」という事は、それなりの時間やパワーを、必要とする事だと思いますので。


ミストレスと来てくださるM男さんは、なんとなくリンクしているんじゃないかな
と思います。


私の場合ですと、本を読んだり、書き物をしたり、写真を撮ったりする事が好きな
ので、SMや緊縛以外でも、遠からず、同じような事が好きな方にお会いする機会が
多い様な。


少なくとも、「文章を読む事が苦ではない、嫌いではない。」方が読んで来て頂いて
いるのではないかなと。


子供の頃、読書好きだった母から、「本は沢山読んだほうがいいよ。」と聞いて、
一緒に読んだりしているうちに、本を読む事が好きになっていました。


単純に、活字を目で追うのが気持ちいい、「活字フェチ」だったりもしますが、
未知の事に触れて、新しい世界が広がっていったり、本の世界観に浸って、
想像したり、考えたり、妄想する事が楽しいなと思います。



この間、テレビの番組の取材で、又吉直樹さんの書斎を映していたのを見たのですが、
凄い数の蔵書に圧倒されました。
「本棚は、その人を現している。」と聞いたのを思い出しながら、又𠮷さんの本棚を
注視していました。


インプットするからこそ・・ アウトプットも出来ているんだなと。。
読んでいるからこそ、書けるんだなと。


言葉や文章を自由に操るには、まず、頭の中に言葉を取り込んで、
いいなと思う言い回しを記憶して、自分の価値観とか視点で表現してみる。。
文章は、書いていくことで、鍛錬されていくのだなと思います。



あと、元々、書く事も好きなので、子供の頃は、ラジオの番組とか雑誌にメッセージ
を送ったりしていました。


自分の好きなアーティストが、思い掛けず、送ったメッセージを読んでくれた事は、
人生で嬉しかった事ベスト10に入っています。(笑)


発信したことに興味を持ってくれたり、リアクションが返って来たら、嬉しい。
そして、それを一緒に楽しめたら、もっと嬉しいなと思います。


だから、実際に、ブログを読んで来て下さるのは、とても嬉しいです。



在籍したばかりの頃に、会員制のSMクラブのオーナーから、
「プレイスタイルを見せたり伝える事は、M男さんの安心に繋がる。」という
アドバイスを貰いました。


ミストレスになってからも、こうして、文章を書く機会を持てていますので、
プレイの様子が伝わるような日記を、これからも書いていけたらいいなと思います。


「実際にプレイに行くと、こんなプレイをこの人はするんだな。」という事や、
人柄みたいなものが伝えられて、
ご自分が持ってらっしゃるプレイの願望とマッチするかどうかを、判断する手がかり
になったらいいなと。


写真も、掲載のご協力を頂いた方から(どうもありがとうございます!)、
プレイの雰囲気が伝わったらいいなと思うものをピックアップして載せています。
写真からは、臨場感みたいなものが伝わったらいいなと思って。


あっ。。

「今回、お会いしたリピーターのM男さんも、ブログを読んで来て頂いた方でした。」
と書こうと思っていたのですが、
長くなって来ましたので、続きはまた、次回の日記で書きたいと思います。


読んで頂いてどうもありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いします☆



2016_0601_01.jpg

 画像:初めての鼻フックにボールギャグをした、M男さん。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

SMとセックス。

 11, 2016 08:53




 「SM」と「セックス」。
多分、切り離して語られる事が多いテーマかなと思う。

「エロス」という大きな括り(くくり)の中に、
「SM」と「セックス」は、在るわけではあるけれど。


以前聞いた、S男性やM女さんの友達の話だと、
SMプレイの中にセックスがあったり、
プレイが終わった後に、セックスは、セックスとして楽しんだり、
SMプレイはするけれど、セックスはしないっていう人達もいたり、
色々だった。


S女性とM男性のSMプレイの中に、セックスがあるっていうのは、
あんまり聞いた事がないかも?
「そういえばS女性でヤリ目的でM男さんを探すとかって聞かないもんね。」
と、先日、M男さんと話をしていた。


海外のSMで、ミストレスがM男さんを椅子の上に縛りつけておいて、
M男さんの上にまたがってアダルトトイやディルドの変わりにして遊ぶなんていうのを
見たことがある。
まあ、海外のSMは、なんでもアリなのかも?
色々な事を、パーテーションで区切ったり線引きする様には、考えていない気がする。


日本のSMには、女王様にM男さんがペニバンでアナルをガンガン犯されたりする様な
イメージがあるかも。
実際、そういう画像や映像も多いと思うし、プレイでやっている人も多いと思うから。



私的には、M男さんとプレイする時は、M男さんの脳に侵入する感じかな。
趣向的に在る「責め心」が「見えないペニスの形」になって、
M男さんの脳髄のヒダをグニグニとこじ開けて、
気持ちがいいツボを突くようなイメージ。


脳の中も侵していく様な感じで。

ちょっと表現がグロいけれど、
そんな感じで・・脳も感じさせたい、感じて欲しいって思うから。


女だけれど、「おかしたい」っていう願望を持っている事は、
ヘンタイS女として説明がつくのかな。


ペニバンを使って身体的に犯すのもいいけれど、侵したいっていう気持ち
の方が大きいかも。
身も、心も、脳も、気持ちよくなるように。



快楽を与える側は、色々な快楽を体験していた方が、相手に深い快楽を与える事が
出来るのじゃないかなと思う。


自分が深くイッた事がないのに、相手を深くイかせられる訳はないんじゃないか。
色々なヘンタイな事を試してみていて、性的に円熟していて、豊かな中身を持っている
方が断然いい。


男性で、今までにイった事がないっていう人は、あまりいないかもしれないけれど、
女性は、話を聞くと、今までにイッた事がないという人が結構いたりする。


そこまで、セックスや心を解放するという事を、追求しようとしていなかったり、
追求しようと試行錯誤している途中だったりとか人それぞれだと思うけれど。


そして、「セックス」と一口に言っても、何も、女性器に男性器を挿入するの
だけがセックスではない。
レズビアンの人達のセックスだってあるし、ゲイの人達のセックスだってある。


「セックスの代替え行為」として、「SMプレイを求めている」という、うち明け話も
聞いた事があるけれど、
色々な要因でセックスに抵抗を持ってしまったり、
興味が持てないような感じだけれど、
「SMプレイ」を介すことで、
「身と心を交わして、理性のタガを外せるくらいに、脳で感じ入りたい。」という事を
求めているんじゃないかなあと思う。


「SM」も「セックス」も、深みを目指す様な気持ちがあるようなプレイであれば、
通底しているんじゃないかな。


「SM」も、「セックス」も、また、大きな括りのエロスとして。


セックスの形とか定義なんかよりも、相手と身や心を交わす事で、
「心身共に深くイケる事が出来るか」っていう事が大事だと思う。


それを知ったか知らないかでは、人生的な彩りも違ってくる様な気がする。
気持ち良い事は、少しでも多い方が、人生がバラ色で楽しいんじゃないかな☆


精神的にも、肉体的にも、処女的な女王様に責められるっていうのも、
ある種の人にとっては魅力かもしれないけれど(ロリコンの人とかは)、
豊潤な大人の色気やフェロモンを漂わせながらも、ビシッと責められちゃうの
っていいんじゃないでしょうか?
大人のミストレスを求めるなら。


清々しいくらいのエロス、飽くなき快楽の探求、突き抜けて変態、パワー半端ないフェチ、
楽しみたいことを目一杯楽しんでいる人との出会いは、いい刺激を受ける。


私もビリビリ来るような刺激を与えられたらいいな☆



2016_03_02.jpg






WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。