FC2ブログ

楽しい事は幸せ。

 05, 2016 11:38


 クリスマスが近いから、ロウソク作っちゃいましたっ
うふっ☆


なあんて、、
SMプレイ用の蝋燭を作りました!


知人にSMプレイ用の蝋燭作っている人がいるのでレクチャーをして
もらって。


それぞれ、少しづつ、微妙に温度や肌のあたりの変化をつけた。


2016_1128_01.jpg


「蝋燭ソムリエ」になれるかな、なんちゃって。(笑)


前に、他の自作したSMプレイの道具を色々と、
先輩の先輩ミストレスに見て貰っていたら、
多分、半分呆れながら、半分感嘆?しながら、
「ええっ〜 すごーい!! そこまで行くともう才能だよ!」と、
褒めてくれたのが、めっちゃ嬉しかったです。(笑)


その時に、先輩ミストレスが作ったレザーグッズも見せて頂いて、
レザーアクセサリーの職人さんも吃驚な仕上がりに驚きました。
ミストレスをやっている人は、手先が器用な人が多いなと思います。


「作った物を使える」っていうのは、単純に凄く嬉しいです。
それを使ってみたM男さんが「よかった」って言ってくれたら、
それもまた嬉しい。


2016_1128_02.jpg


「人が、やれない事を、やれ。」って何かで成功した人がよく言うのを
聞きますが、

今の時代の成功のスローガンは、
「人が、やらない事を、やれ」だそうです。


「人のやれない・・」と
「人のやらない・・」は

たった、「れ」と「ら」の違いではありますが
この「差」がとても大きいのです。

人のやれないことをするのは「大変」です。

何故なら、
それをやらないといけないのは、皆が皆と同じことをやるからです。

皆と一緒と言うことはライバルだらけです。

ライバルが多いから、
人のやれないことをしないといけなくなるのです。

ようは、人(ライバル)より、
「たくさんの努力」が必要なのです。

しかし、
「人のやらないこと」は、やっている人がいないので
ライバルがいません。

ライバルがいないということは、

「楽」で「楽しく」、「儲かる」のです。

だって、ライバルがいないということは、自分で売りたい商品や
サービスの値段が「自分で決められる」のです。

=以上= 引用



うんうんと読みながら頷きました。


意識して、人がやらないことをやる時もあるし、
人とは少しズレた感覚や感性の赴くまま、自然とやっている事もある
かもしれません。



下の画像のインテリア用のキャンドルは、「SWATi」というブランドの
物なのですが、いつ見ても素敵すぎて溜息が出ます。


IMG_1729.jpg


「SWATi」を立ち上げた女性のデザイナーの方が作ったキャンドルを、
たまたま雑誌で見て知ったのが切っ掛けなのですが、
セレクトショップに置かれた実物を見た時、あまりの可愛さに時めき
ました。
今は大きな会社になったみたいで、百貨店に入っている店舗でも見掛
ける事が多くなりました。


自分が好きな事をやって、それが他の人にもいいなって思って貰う事って、
とても素敵だなと思います。


やっぱり、いい物は、いいなって思う人が多いのだと思います。


私は、唯の凡人のヘンタイですが、
好きな事をして、やって、それがいいなって思って、
楽しんでくれる人がいたら嬉しいです。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

カスタマイズ!

 22, 2016 23:24



 前回の日記のアイテムは、手を加える必要が無い道具なので、そのまま使っておりますが、
購入したアイテムを、カスタマイズして使う事が多々有ります。


下の画像のボールギャグは、以前、革の工房をやっている方の所で入手した物なのですが、
ふくよかな方がプレイに来られた時に使ったら、ベルトの長さが足りなめだったので、
革を足して、穴を増やしました。


20160718_02.jpg


ホワイトの部分が、新たに継ぎ足した部分。

出勤が一緒だった瑠奈さんに見てもらったら、
「初めから、こういうデザインだった様に見えますね。(^_^)」という感想を
頂いたので嬉しかったです☆


こうして、
「ホワイト×ライトブラウンのバイカラー」のボールギャグとして生まれ変わり
ました。

ベルトの部分が長めになったので、ふくよかな方が来られても大丈夫!

お相撲さん位の方が来られても大丈夫かな、と思います。



20160718_01.jpg


このボールギャグは、着用するとこんな感じになります。

下のモデルさんは、普通体型の方なのですが、正面から見るとこの様なイメージ。


唇からチラリとのぞく、ヴィヴィッドなピンクがエロスです。


20160718_03.jpg


プレイの初めから、プレイの終わりまで、ボールギャグを嵌めっぱなしにすると、
どれだけ口の中に涎が溜まるかしら。。と。


ボールギャグを外した途端に、口の中から、涎がダラダラに溢れだす。
「ヨダレ制御」から解放されて。


「こんなにダラダラ・・にしちゃって、、恥ずかしいわね。」
と、涎の糸を引いているボールギャグを、見せながら言う。


はしたないお口は、感じるとたくさん涎が出ちゃう、ね?!



オブジェクト?!

 12, 2016 23:24



 さて、これは何でしょう?!


2016_0630_001.jpg


上から、見た、オブジェクトの図。


2016_0630_002.jpg



『先端で徐々に慣らして、極太の部分でゴリゴリ刺激する!』

『おしりに優しいアイテム』

『おしり遊び大好きっ子のためのアイテム登場!』


↑新しくゲットした、アイテムの説明書きより。


という訳で、

『おしり遊び大好きっ子』の人、待っています☆




1000の縄。

 21, 2016 12:18




 「珠美鈴さんは、縄を何本持っているんですか?」と、
以前、ブログにコメントを寄せてくれたM男さんから、訊かれた事がありました。


「何本あるか、数えた事はないけれど、持っている縄の写真を撮った物があるので、
その画像をブログにアップしようかな。」と、
先日、プレイで会った別の緊縛好きなM男さんにお話してみて。


「え〜 いいですね!それは、とっても興味があります。」とかなり関心を示して
くれたので、そうなのね、興味を持ってくれるなら、アップしてみようかなと思って。


という経緯で、、

撮影時期や、使用している時期は、バラバラなのだけれど、これまで使ってきている
自分の縄の画像をupしました。




2016_04_16_01.jpg

☆自作なめし縄。しっとりした感触。使うとキュッキュッと音がする、いわゆる「鳴き縄」を作ってみた物。




2016_04_16_02.jpg

☆自作なめし縄。ややさらっとした感触。新たな縄問屋で購入して作った物。




2016_04_16_03.jpg

☆自作なめし縄。さらっとした感触。元の材質を活かした縄。




2016_04_16_04.jpg

☆自作なめし縄。いろいろ実験的に作ってみた縄。




2016_04_16_05.jpg

☆自作なめし縄。多分、初期の頃に近い縄。




2016_04_16_06.jpg

☆プライベートで使う用の赤色の麻縄 その1




2016_04_16_07.jpg

☆プライベートで使う用の赤色の麻縄 その2(受け手が女性用)




2016_04_16_08.jpg

☆プライベートで使う用の赤色の麻縄 その3 




2016_04_16_09.jpg

☆黒色の麻縄(友人作) 使い勝手がよかったら増やすかもしれない。




2016_04_16_10.jpg

☆5mmの細い麻縄。ペニスを縛ったりする用。何本か増やす予定。






私のSMの根っこには、「緊縛」、「縄キチ」というのがあります。


テレビで「釣りバカ日誌」なんていうのをやっているのを見ると、
対象は違うけれど、
「好きな事や夢中になっているその熱量は解る!」と思います。


気が付くと1日の半分以上緊縛をしていたり、頭の中考える事の大部分を緊縛が占めて
いたりする様な事もあって。


オフの日も緊縛が出来る様な環境を作って、
会員制のSMクラブのプレイの後に、
縛られるのが好きな友達に連絡して、
モデルをしてもらって縛らせてもらったりして。

時には、昔から緊縛のアドバイスを頂いている方に助言を頂いたりして、
また試行錯誤、研鑽したり。
それが、本当に楽しくて仕方がない。。


M男さんで、ずっと縛られたままでいたいって言う方がいらっしゃいますが、
私は、出来る事ならずっと縛っていたい。。


すごく楽しいから、
私も縄を解く時は、実はちょっと寂しい。


だから、1本、1本噛みしめながら縄を解いていて。


そんな気持ちに浸って、縄を解きながらもグッと突然思いつきで責めたり。。
責めながらなごりを惜しんで。



4歳の頃に、テレビで人が縛られているのを見て感奮した少女は、
こうして、SMの世界、緊縛の世界にどっぷり浸る事ができて。

類は友を呼ぶで、同じように緊縛が好きな人達にも出会えて。


会員制のSMクラブも、
「緊縛が好きで上手くて、緊縛に対して、情熱を感じるミストレスの方がいるクラブだ!」
というのを感じました。


だから、会員制のSMクラブに出会えなかったら、クラブではプレイしていなかったんじゃ
ないかなと思います。


こうして、プレイをさせて頂く機会を与えていただいて、
今まで経験した事がなかった事もたくさん経験する事が出来て、
SMの世界が広って、
緊縛と併せて色々な事も、もっともっと探求していきたいと思うようになりました。


会員制のSMクラブに在籍しているミストレスの方々は、全くの未経験という方はいなくて、
皆さんそれぞれの経験やSMをやっている方々との繋がりや交流も持っていて。


会員制のSMクラブの素敵だな。。と思うところは、
今までの繋がりでの交流があったり、
以前から緊縛等について学ばせて頂いたりした人達との和を尊重してくれている、
そんな懐の深さです。


閉鎖的でなく、個人、個人の背景や環境を尊重してくれている風通しの良い、
活気があって、旧き佳きSMのスピリッツが活きている、
と誇れる、
唯一無二のSMクラブです。


だから、
日々、、先輩ミストレスの方々からプレイの経験から貴重なアドバイスを頂いて、
しっかりと心に留めて、
自分でも色々な機会を積極的に作って、色々吸収したり学んでいきたいと思います。


緊縛も、縛り手も、色々な考えを持っている人が居て、スタイルは十人十色だと思います。
心身にダメージをあたえる様な緊縛でなければ、
緊縛に正解というのはなくて、
自分にとって心地の良い縄を掛けてくれるのが、自分にとっての良い相手なんじゃない
かなと。


自分にとって、縛られていて心地いい。。
そんなお相手に出会えたらしあわせだと思います。



「縄なんて何を使っても同じ。」という縛り手さんもいますが、
「この縄の感触いいですね。」と言ってくれる受け手さんが、
気持ち良くなってくれるのが嬉しくて、緊縛する縄も自作して。


「縄」は、「自分の手」の様なものだから、自分の手になじんで、
より、お相手が、受けて気持ちいい縄を求めています。


もっともっと緊縛を探求していきたい。これからも、ずっと。


日記を読んでいただいた方に、
珠美鈴、わたしは、緊縛が大好きでやっていきたいという事が、
少しでも伝わったら嬉しいと思います。


縛られる事に興味を持っている方や、緊縛が好きな方と、たくさん緊縛を楽しめたら
しあわせ。。




ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
楽しいことをたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に
おもしろい事をたくさんしたい



「1000のバイオリン」という
私の好きな唄の歌詞の一節から。



私も、
縄を手に、
楽しいことをたくさんしたいと思います。



珠美鈴






鞭。

 15, 2016 12:08




 先日、鞭が巧い知人のところに遊びに行かせていただいた。


色々な鞭を見せていただきながら、
各種類の鞭の説明とか、テクニックについて教えて頂いて。


↓この画像の一本鞭は、「スネークウィップ」


2016_04_13_02.jpg


「スネークウィップ」は、名前のとおり、蛇みたいな形状で、
持ち手の部分が鞭本体と一体化しているということ。
こちらの鞭は、ニュージーランドの職人さんが作った鞭なのだそう。


↓この画像の一本鞭は、「ブルウィップ」


2016_04_13_01.jpg


なんで、鞭のハンドルの部分だけアップにして、写真を撮っているのかというと、
「ブルウィップ」という名称をあらためて知ったから。


持ち手の部分が、鞭の本体と、一体化していなくて、
独立して作られている一本鞭の総称を、「ブルウィップ」というとうかがって。


「ブル」というのは、「牛」の意味なのだそう。
ブルウィップ=牛用の鞭。


なるほど。。
「ブル」といえば、私が好きなエナジードリンクの「レッドブル」も、
「赤い牛」がアイコンとして使われているわ。


305170da-s.jpg


一本鞭は、獰猛な牛を、おとなしくいうことをきかせることができるような力を、
発揮するのだと思ったです。
巧く使う事が出来ればだけれど。



私は、痛みを与える鞭よりも、
「エロ鞭」というか、
打つことによって、ジワジワと気持ちよくなって、感度が高まっていく様な鞭を打てたら
いいなと思っていて。


お尻とか、背中に、気持ちよくなるポイントがあると思うので、
そこを狙って打ちながら、徐々に気持ちよくなっていくような鞭を目指しながら、、
も、

時に、厳しい鞭をビシッ!と入れるかも?!
(そういう鞭を欲しがっていると感じたら☆)


私は、特別、「鞭が好き!」とか、
「鞭でビシビシ打ちたい!」っていう「鞭欲」は無いのだけれど、
(例えば、鞭をコレクションしたいとか、鞭を使うのが好きとかそういうのはあまり無い。)
緊縛との合わせ技としてなら、
「縛られて鞭で打たれて気持ちよくなりたい。」という人には、
より気持ちよくなるように打ってあげたいと思う。


お相手ありきなので、
先行してまず鞭を入手して持って、
「誰かを打ちたいな~」っていう気持ちは湧き上がって来ないのかも。


だから、まず、緊縛されてみてから、鞭を欲しがってみて。
打ちたいなという気持ちに火を点けてね。


私の鞭(今度またあらためて画像をupする☆)は、
一本鞭とバラ鞭を、それぞれ1本ずつの所有。


昔、「縛られて鞭で打たれたい。」というM男さんの為に用意して。
初代HIRO鞭さんの一本鞭と、イギリスで買ったバラ鞭。


腕があがったら、また、違う鞭を持ってみてもいいかなと思いながら、
今のところは、少数精鋭で、その2本。


その2本を手入れしつつ、
まじまじと見たら、
使い込んできて、いい味が出てきては、いるなと思った。
腕・・技術的には、まだまだまだ・・ なのだけれど。


先輩ミストレスに、
「一本鞭が上手くなる練習として、タバコの箱を床に置いて、狙って打ってみて、
タバコがポン!と床から跳ね上がるように打てるようになるといいよ。」
と教えて頂いたので、
早速、やってみていている。


お祭りの屋台の「射的」で、キャラメルの箱とかを狙って打って、ポン!と打つ
イメージに似ているなと思った。
あれも狙う位置や、かかる力の加減を考えて、上手く打つのがポイントじゃいかなと。


色々な事、伸びしろがたくさんあるな。。
がんばっていきます☆


プレイするM男さんに、たくさんの快感を快感を与えられるように☆

私もより、楽しめるように☆






WHAT'S NEW?